2015年03月24日

愁眉問花言葉がない

春の足どりは遠いように近いようでうろうろして夏の縁。晩春の季節、春の花は思わずその雨を一晩浸し、庭の桜の花はもう残败堪えられない!手当たり次第捻風、夜には一面のネオンの中、風を送った淡い香り、私は一時を覚えてそれは何の花が、私はきっと、私はきっとそれを見たことが。

人の言うことは、春は恋の季節、夜が来るたびに星を眺めている暇の時DR REBORN抽脂、私の夜空、思綿は息もたえだえに漂うかすかな風の中から。あれらのかつての日々の断片的な映画のように、少しの胸に響く、こまめな恩と笑い顔にかけ、似笑泣くなら。過去を振り返るに忍びないたいならば、私は誰もできない本当に堪えられない思い出の過去、ただ多くの人が、古いことを蒸し返すたくないだけ。苦い思い出はいつも人をくわえて、眼涙の雨梨花目。

かも知れない、春は人の往事重憶季節。あの人、あのこと、あの景色も私達を自分も記憶の泥沼の中で、もっともがいてもっと瀋んで、憎しみは死んだ後の祭りも無常。ああ、こんな生活は私たちに逃しに逃して、無駄に無駄は。感情の物寂しいも光陰流れる水。私たちは愛の存在を認めたくなくて、私達は現実の自分で愛の存在を証明する、これはなんと矛盾?元気今夜は昨夜の雨に煙って、少ない憂いも少ない寂しい。

昨夜一人で、公園の道で、一面の雨に濡れた煙酔って春、私の気持ち。私は風に乾く、惜しい1回行く道もなくて、お願いする。まぁ、ちなみに作诗を覚えてその時の心境を、以前の静息!

春の長雨朝な夕な暮雨室內設計

黄花チャネル独見とれ

弱い風が吹いて尽きない殘花

愁眉問花言葉がない

私は1人の感傷的な人、さらには取り越し苦労をする人。ただ、生活の中で自分でかつて経験したことや将来の少し忘れたくないだけ。天が与えない私副甘ったるい外見が、私に与えたのは一副弱い水の心。ただ、私はよくそれを保護、それは時の中で経験した多くの世の変転。かつてある人は私に聞いて、あなたはどうして結婚していない?私は笑って、に出会っていない自分に適した。実は、自分だけやっと知っていて、自分が二度と愛せない、愛をもらわたくない。相思私にこの人にとって、遠くよりも愛によりその、静かに待って過ごしやすい一時狂おしい愛。

春風ははさみのようで、マイナスの切れ願景村 退費 、理は乱。減の断情、かわからない愛!
posted by isoengay at 18:44| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。