2015年01月02日

私は思わず悵然

木の上の葉黄ました——また落ちた。私は駅の木の下で、裸の木のまたを乗りかかっ見上げて。冷涩風が私の顔をして、それに沿って血液涼、直浸透したくない心に静かに。私は知っていて、葉をまた伸びた。まるで今日明日が来るように過去の後が日の私はまだ同様に立っての樹の下で……

私は知らない、知らないのはどのように働きかけているはかなさや歳月、知らない運命の流れに向かっての軌道を、知らない歴史の車輪圧延後の跡。私の生命はあの散る黄葉、風に吹かれて舞う、流されて。

ここ一株と、淡い哀が襲ってき。どこもかしこもの落ち葉を見ていて、まるで感じたそれらの悲しみ、一時は目の前がぼやけてようで昙淺い霧。私は知っていて自分の今の様子は少し暗くかもしれませんが、落ち葉の死者を悼む物寂しいよりなんですか?

まだ去年のこの季節、同様の金はどこもかしこもポア。私はあれらのばらばら踏み葉がない感じなかったが、片時の滯在。あの時の私は読めない落葉の負傷も実感できない、この憂いと悲しみの深遠な境地。しかしどうしてそれらに対して視なし物は?

……

風が吹いて、私は思わず悵然。今は何が違うのか。新智我同じように割れの葉、同じ小さな金色、同じ怖がる人の涼しさ、同じように見えるのは淡い哀。

人は本当に読む——落葉、あの淡い憂いと悲しみを読む。

一枚の葉を拾って割れて、そっと指先で撫でる……今それらは静かで、しかしあと何日ですか。誰かを覚えているのか?そんなの落葉。それらはこの人に忘れられたのだろうか――木にもまた抜け替わる葉、こんな季節はシリーズ。まるで人の命のように護膚品個人化
posted by isoengay at 18:18| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。